ハニー★カム:日誌

ぱちりとした写真やのんびりまったりその日の一言

Entries

超ぱ行ってきました!

ニコニコ超ぱーてぃに行ってきました。
いや、わたしぜんぜんニコニコ民ではないので、完全なる物見遊山のつもりだったのですけれど。

超ぱ

一度だけ超かいぎを覗きに行ったことがあって、とんでもない混雑具合にお腹がいっぱいだったのですが、今回の超ぱは指定席があるので、「それなら席でのんびりしてたらいいか」と気軽に。
ライブステージとゲーム実況ステージに分かれていたのですが、ライブ好きなわたしとしたことが、「振りたくなったら持っていないと悔しいかも」と一応用意して行ったサイリウムもぱきりと折られることはありませんでした。
なぜって、ライブステージに行かなかったから。指定席あるのに。

ずっとゲーム実況のメインステージを観ていました。
目的は、メインステージのじんろう。
わたしじんろうって一回もプレイしたことがないのですが、あれはテーブルトークカテゴリなのだろうか、と首を傾げます。
二週間前に、出演者によるメインステージじんろうのスカイプじんろう練習回があって、それを動画配信で観たのですが、それがちょっと面白かったので興味が出ました。

結果としてはとても面白かったです!
意外な結末になってしまい、「これがじんろうの奥深さ、面白さか」と感心しきりでありました。
生放送もされているので、会場の観客参加だけではなく、生放送の視聴者も「(怪しく思える)誰を吊るすか」を投票できるシステム。
(会場の観客は挙手)
それにも左右されて、進んで行くじんろうの夜。
ゲームの最初で吊るされてしまった、または噛まれてしまったプレイヤーも霊界場面(幽霊として)で発言できる機会もあり、ちゃんと考えられていました。

ゲーム実況ステージの方は多少立ち見は出るものの、とんでもない混雑ではなく、「席に座って観られるのなら来年も行ってもいいな」という感想でした。
司会から「3000人」という発言がされていたけれど、そんなにいた感じ、そんなに席があった感じはしなかったです。
ただ、とてつもない吹き抜けで天井の高い空間だったので、そのために狭く感じなかったのかも。

メインステージの左右にRステージとLステージがあり、そこはミニステージでほかの演目をやっているのですが、そっちは席数が少なく興味があっても立ち見で観る気合がないといけないので、来年はRLの席数増やして欲しいなあ、と希望です。
なんとも意外にも楽しかった超ぱでありました!

そしてそして、拍手してくださった皆さま、ありがとうございました★






スポンサーサイト

右サイドメニュー